• ねずみ駆除を成功させるには

    ねずみは私たちにとって最も身近な害獣と言えます。

    建物のなかに侵入すれば病原菌を媒介やダニやノミの繁殖を招きます。


    また、配線をかじってショートさせ火災などの事故を引き起こす危険性があります。



    繁殖力が強く産まれて数か月で出産可能になります。


    家の中で姿を見かけたら仲間がたくさんいると考えて早めに駆除を行うようにします。



    ねずみ駆除の方法としてスプレータイプまたは燻煙剤などの忌避剤、粘着式シート、ワナ、殺鼠剤(毒エサ)、超音波や電磁波を発生する機器などがあります。

    産経ニュースの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

    ねずみ駆除を行うときは、ラットサインと呼ばれる汚れや糞が落ちているところ、巣になりやすい天井裏などに設置すると効果的です。

    ねずみは壁に沿って通る習性があり、その際に体の汚れが壁紙に黒い汚れとしてつきます。これがラットサインと呼ばれるもので、ついている場所に沿って粘着式シートを敷き詰めます。一枚では避けて通ってしまい効果がありませんので数枚を敷き詰めるようにします。

    糞が落ちていたりかじった跡がある場所にはワナや殺鼠剤を設置しておきます。


    警戒心が強い動物なので殺鼠剤に普通の食べ物を混ぜておきます。最初は皿に普通のエサを入れて置き警戒心を解いてから殺鼠剤を混ぜると食いつきやすくなります。超音波や電磁波の機器は、天井裏や侵入口に設置しておきます。

    近年の機器は、周波数を変えることができるのでねずみが慣れてしまうことがなく小型で扱いやすくなっています。


    これらの駆除は個人でも行うことが可能ですが、駆除後の死骸を処分する作業もあります。個体数が多いときや処分に困るような場合は業者に相談してみることをおすすめします。