• ねずみ駆除のためにまず確認したいラットサイン

    家でねずみを発見した場合、専門の業者に駆除を依頼するのが確実ですが、ある程度は自分でできることもあります。ねずみ駆除においてまず重要なのは、ねずみの通り道の調査です。どこから侵入してくるのかを確認し、通り道に罠などをしかけて捕獲し、侵入口を塞ぐのがねずみ駆除の一般的な流れになります。


    ネズミの通り道には跡(ラットサイン)が残るので家の中をよく調べてこのラットサインを探します。


    ラットサインは具体的にはネズミの糞や足跡、汚れなどです。ネズミは同じ場所を通って行動することが多いため、ネズミの通り道には汚い油のような汚れがみられます。

    また、ネズミの尿には蛍光物質が含まれているので、暗い場所でブラックライトを照射すると光ります。



    ネズミは尿をしながら移動することがあるので、ブラックライトによって通り道を発見できることがあります。

    YOMIURI ONLINEに関する特集の情報が満載です。

    ネズミの糞はネズミの種類によって大きさなどが異なりますが、黒い飯粒状のものです。


    これらの糞や尿は感染症の原因になる病原菌などを含んでいることがあり危険なので、決して素手で触らないように注意してください。

    片付けるときはゴム手袋をし、水ぶきをして、仕上げに消毒用アルコールなどで消毒します。ラットサインを発見したら、片付ける前にその様子(糞の大きさ・形など)をメモや写真などで記録しておきます。
    ラットサインの記録は業者に駆除を依頼する場合にも状況を把握する参考になるのでその後の作業がスムーズになります。
    集合住宅の場合、ネズミの駆除は自分の世帯だけの努力では難しい部分もありますが、賃貸住宅の場合には大家さんに相談すれば費用を出してくれる場合もあるのでまずは大家さんに相談してみることをお勧めします。